全身脱毛は身体によくない?注意点やデメリット

脱毛1

全身のムダ毛をキレイに処理できる全身脱毛は人気の施術です。近年ではサロンや美容クリニックで気軽に施術を受けられるようになりました。自分の見えない部分も処理できる全身脱毛ですが、実はデメリットや注意点もあります。

トラブルを防ぐためにも施術を受ける前にしっかりと確認して、納得のいく形で全身脱毛をしましょう。

一見するとメリットだらけに見える全身脱毛、実は落とし穴もある

脱毛11

全身脱毛はサロンや美容クリニックで行われている人気の施術です。ムダ毛はセルフ処理をしてもどんどん生えてきます。繰り返しのセルフ処理は肌に見えないダメージを蓄積させてしまいますし、自分の見えない部分や手の届かない部分は処理できないなど、デメリットもあります。

一方全身脱毛はプロの手による施術で、手が届かない場所や処理が難しい場所もキレイにムダ毛をなくすことができます。また、サロンや美容クリニックの全身脱毛は、一度受ければ半永久的に効果が持続するので、ムダ毛に悩む必要がなくなるのです。

これは、サロンや美容クリニックが使用している機器に理由があります。施術メニューには様々なものがありますが、主流として使われているのがレーザー機器です。このレーザー機器は、毛のメラニン色素に反応して照射されます。

レーザーが毛根を破壊して、毛を生えなくしてくれるのです。自宅用光脱毛器という方法もありますが、やはりプロの施術と比べると仕上がりが違いますし、手が届かない部分もキレイに処理できるので、永久脱毛をするのであればサロンや美容クリニックが効果的であると言えます。

このようにメリットだらけに見える全身脱毛ですが、一方でデメリットや施術を受ける際の注意点など、意外な落とし穴もあります。施術を受けた方の中には「やらなければよかった」という意見も少なくありません。では、全身脱毛の落とし穴とは一体何なのか、以下に詳しくご紹介します。

全身脱毛は決して安い金額ではありません。施術期間も長くかかるので、負担も大きくなります。施術を考えている方はこれらの点を念頭に置き、納得のいく形で全身脱毛をしましょう。

高校生のうちに全身脱毛すれば費用が安いというメリットあり

施術後の肌トラブル

全身脱毛に使用する機械はレーザー機器が主流というのは前述のとおりですが、このレーザー機器が場合によっては肌トラブルを引き起こす原因になってしまうのです。レーザー照射はメラニン色素に反応してピンポイントで照射されますが、この照射する光が高温なので場合によっては軽いやけどのような状態になってしまいます。

見た目が赤くなり目立ってしまうだけではなく、痛みを伴う場合もあります。施術する場所によっては痛みが長く続く可能性もあるのです。施術後の肌はとても敏感な状態になっています。このため、外部からの刺激により炎症やニキビといった様々な肌トラブルを引き起こす可能性があるのです。「関連資料 > 1番得する脱毛入門 > 脱毛サロン安い

これを防ぐために施術後には保湿などのアフターケアが行われますが、自宅でもセルフケアを行う必要があります。施術箇所が自分の手が届かない場所であると、十分な肌ケアができず肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

敏感肌の方や乾燥肌の方は元々肌の保護機能が低く、施術をすることで更に肌が弱くなってしまう可能性があります。施術する際にはこれらのリスクを念頭に置き、施術後はしっかりとしたセルフケアが必要です。

毛嚢炎や埋没毛の原因になる可能性も

全身脱毛による施術は、毛嚢炎や埋没毛を引き起こす可能性があります。毛嚢炎とは、毛穴に雑菌が入り込みニキビのような発疹ができてしまう肌トラブルです。毛嚢炎は毛穴のある全身に起こる可能性がありますが、特にデリケートゾーンや顔にできやすいとされています。

この箇所の脱毛をする方は注意が必要です。デリケートゾーンは常に下着などで覆われており通気性が悪く、清潔に保つことが難しい場所です。このため雑菌が入り繁殖しやすい環境となっています。顔回りは毛根が深く、施術することで毛穴の奥が傷付き雑菌が入ってしまいます。

埋没毛とは、毛が肌の表面ではなく肌の中に生えてしまうものです。埋没毛はセルフで治すことが難しく、肌の表面に毛が埋まってしまうので見た目にも良くないです。肌は一か月から二ヵ月の間でターンオーバーが起こり新しくなるので、基本的に治療する必要はありません。

寧ろ、下手に弄ってしまうと毛穴と周辺の皮膚を傷付けてしまい、肌トラブルを引き起こす原因となります。ただ、生活習慣や食生活、スキンケアなどにより肌のターンオーバーが停滞してしまうと、埋没毛はそのままになってしまいます。

施術による埋没毛の場合、申告すればサロンやクリニック側が対応してくれる場合もあります。

コスト面でも大きな負担に

全身脱毛は費用がかかる施術です。部分脱毛であればまだ安く抑えることができますが、全身となるとその分費用もかさみます。全身脱毛を行っているのはサロンと美容クリニックですが、サロンは約20万円から30万円程度、美容クリニックは40万円から50万円程度かかります。

サロンの方が安く済ませられますが、1回の施術で得られる効果は少ないです。

このため、通う回数と期間も長くなります。サロンで全身脱毛を行う場合、期間は3年ほどかかるとされています。一方美容クリニックは、費用は高いですが期間は短くて約一年とされています。短い期間で全身脱毛は終わりますが、費用はかなり高くなります。

美容クリニックによっては50万円以上かかる場合があります。このように、全身脱毛はコスト面でかなりの負担になってしまう方法です。一度施術を受ければ自分で処理する必要はなくなるので、長期的な目で見れば費用面での負担は一時的なものですが、施術を受けるためにお金を貯める必要があります。

こんなに楽ちん!全身脱毛をして実感できること

何故リスクやデメリットが起こるのか

全身脱毛でリスクやデメリットが起こる理由の大半が、使用するレーザー機器によるものです。レーザー機器による全身脱毛は、メラニン色素に反応して毛根を破壊するというメカニズムですが、この熱ダメージが肌にダメージを与え、様々なリスクやデメリットに繋がるのです。

元々肌が弱い方はもちろん、特に問題がない方でもレーザー照射により肌に負担がかかり、トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。近年は肌に優しいレーザー機器も出てきましたが、リスクやデメリットが起こる可能性はゼロではありません。